家族がインフルエンザに…どうしたらいい?

仕事や学校でインフルエンザが流行ると感染している可能性があります。きちんと対応しないと家族感染の原因になるかもしれません。インフルエンザになったなら治療薬「リレンザ」でしっかり治しましょう!

*

インフルエンザにかからない人に理由はあるのか?

      2016/08/25

インフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人がいます。

どのような理由でそうなるのか、探っていきましょう。

免疫力の強さ

まず第1に挙げられるのは、免疫力の強さの違いです。
インフルエンザウイルスが体内に入っても、免疫力の強い人はウイルスに打ち勝ちます。だから、インフルエンザにはかからないのです。逆に免疫力の弱い人は、インフルエンザに限らず病気に弱い傾向があります。風邪を引きやすかったり疲れが取れなかったりと覚えがあるのではないでしょうか。

かかりにくい人の特徴

では、その力が高い人はどのような特徴があり、どんなことに注意しているのかを見ていきましょう。

  • 遺伝

生まれつき免疫力の強い人がいます。親からの遺伝でそうなっているのですが、恵まれた人ということになります。

  • 食生活

食べる物の種類によって体質は変わってきます。三大栄養素はもちろん、ビタミンやミネラルをバランスよく摂るようにしましょう。特に効果が高い食べ物は、野菜、海藻、納豆、鶏肉、ヨーグルトなどです。

  • 生活習慣

睡眠をしっかりとることが重要です。

睡眠不足はとたんに体に影響します。適度な運動も必要ですが、あまり激しい運動をすると疲労がたまり、かえって病気と闘う力が低下することもあります。定期的に湯船にも入ることによって血行が促進されるので、効果が倍増します。アルコールやタバコは、出来れば止めたほうがいいのですが、どうしてもやめられなければ、減らすようにします。

  • ストレスをためない

ストレスはあらゆる病気を引き起こす元です。上手な発散方法を見つければ、病気になりにくいばかりか回復も早いです。

  • 体を冷やさない

漢方では冷えは万病の元と言います。冷えると血行が悪くなり、栄養素が隅々まで行き届きません。病気にならないためには体を温めることはとても大事です。

かからないための予防策

次に、インフルエンザにかからない人は、日ごろから予防対策がしっかりしています。

  • マスクの着用

ウイルスは口や鼻から侵入してきます。マスクを着用することによってウイルス全ての侵入を防ぐことは難しいのですが、着用してるかしていないかでは大きく違ってきます。

  • 手洗い・うがい

手に付着したウイルスが体内に食べ物などを通じて侵入することがあります。それを阻止するためにも手洗いは欠かせません。また、のどについたウイルスを取り除くのに、うがいはある程度効果的です。

  • 衣服を清潔にする

ウイルスは衣服にも付着します。下着はもちろん、その上に着ている服もコンスタントに取り換え、洗濯するようにします。

注意することで違いに差が出る

以上、効果的な方法を紹介しました。1つは免疫力の強化、もう1つは予防対策を取ることです。しっかりと頭に入れて体を大切にしましょう。